タイ人と結婚するには

タイは、国際結婚が盛んにおこなわれる国で、街を歩けば、つい二度見してしまう程のキレイな人がたくさんいる国です。

国民の貧富の差は大きいですが、国自体は、先進国と言ってもいいほどの経済成長を成し遂げています。

そんなタイの人との結婚を考えた時に、タイについて詳しく知っておくことが重要と言えます。

タイ人はどんなタイプの人が多いのかを今から紹介していきたいと思います。

【タイ人はどんな性格の人が多いの?】

「タイというと、ムエタイやボクシングが有名だから、争いが好きな人が多いの?」

「タイ人は、日本人と性格は全く違うのかな?」

海外の国がどういった国なのかを知るのに、その国のテレビドラマであったり、映画であったり、またテレビやマスコミの報道などの影響を受けやすかったりします。

しかし、タイのテレビドラマや映画、報道といったものは日本ではあまりされていないため、タイについて詳しく知るきっかけがほとんどありません。

ここでは、タイ人の性格について紹介していきます。

・ 温和で争いを好まない。

「タイ」と聞けば、「ムエタイ」や「ボクシング」といった、格闘技を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか?

元K-1王者のブアカーオの強さは有名ですよね。

そんな国ですから、さぞ気質の荒い人が多いんだろうな~って思いそうですが、そんな格闘技の盛んな国とは裏腹に、実は温和で争いを好まない人が多い国です。

常にニコニコしていて、笑顔の絶えない人がとても多い国です。

・ 相手への思いやり
タイの人は、自己犠牲の精神がとても強い面を持っています。

自分さえよければいいという考えは低く、逆に自分を犠牲にしてでも誰かを助けるという精神を持っています。

忘れてはいけないこととして、東日本大震災の影響で電力供給がままならなくなった日本に、自国でも安定した電力供給が出来ていないのに、発電機2基を日本に無償で貸し出してくれました。

それほど、人への思いやりの強い国なんです。

・ 面倒くさがりでいいかげんの人が多い

温和な人が多いからでしょうか?

面倒くさがりで、いいかげんな人も多いです。

時間を守らないなんてことは、当たり前です。

日本人は、時間にとても正確なところがあるので、タイ人の時間のルーズさに驚からせるかもしれません。

もし、タイ人とお付き合いをする場合は、この点を理解しておきましょう。

・ タイ人男性の性格

タイ人の男性は、女性に対してとても優しい人が多いです。

世話好きな国民性に加えて、女性に対して、とても尽くす人が多いので、女性にとってはうれしい対応の男性が多いと言えます。

しかしながら、優しい性格で、女性への対応がいいからでしょうか?

女性受けがいいので、浮気性の人が多いのも特徴です。

タイ人男性と付き合う場合は、浮気には気を付けましょう。

また、タイ人男性は、仕事に対してあまり熱心とは言えないところもあります。

のんびりした性格からなのか、日本人のように仕事へ対する意気込みは感じられません。

・ タイ人女性の性格

タイ人は、女性の地位が高い国民です。

2015年3月8日にシンガポールでアジア太平洋女性大会が開催されました。

参加した国は12ヶ国。

その中で、女性の社会参加、教育水準、婚姻状態、収入など、社会的に最も水準の高い国に選ばれたのがタイでした。

ちなみに、日本は最下位でした。

タイ人男性が女性に優しく、女性に尽くすは当たり前です。

日本人から見ると、そんなタイ人男性の女性の扱いに少し驚くかもしれませんね。

また、タイ人女性は、やきもち焼きの人が多いです。

これは、だれにでも優しいタイ人男性という環境が影響しているのではないでしょうか?

【タイ人と日本人との性格を比較】

タイ人 日本人
闘争心 弱い 普通
他人への思いやり 自己犠牲をもってしても相手を思いやる。 あるが、自己犠牲を負うことはほとんどしない。
ルーズさ ルーズ 几帳面
男性の性格 優しい、浮気性、仕事熱心ではない 優しい、浮気は悪い事、仕事熱心
女性の性格 女性中心、やきもち焼き まだ男性中心、あまりやきもち焼きではない。

 

【日本人と違うタイ人の文化を知る】

「日本とタイとでは、どんな文化の違いがあるの?」

「日本では考えられないような事って、タイにはなにかあるのかな?」

私たちは、タイという国についてどれだけ知っているんでしょう?

日本は、日本の文化がどこの国でも通用すると思っている人もいるようです。

しかし、国が違えば、文化も習慣も違います。

日本の常識が、世界の常識ではありません。

ここでは、タイと日本との文化の違いを紹介したいと思います。

・ 階級制度

日本でも江戸時代までは階級制度がありましたが、明治時代に入り、国民の地位や身分を平等化する「封建的身分制度の廃止」が行われました。

ですから、今の日本人の間には、貧富の格差は多少あるものの、身分の違いと言うものは存在しません。

しかし、タイでは、国民に階級というものが存在します。

具体的な階級と言うものは不明確で、わかりずらいところがありますが、服装などで判断されることもあるようです。

日本人では、よくないことと思われている階級社会。

日本から見ると異様な光景かもしれませんが、タイでは常識です。

・ タイの宗教観

タイは国民の90%以上が仏教を信仰している国です。

信仰心は強く、約3万の仏教寺院に約40万人の僧侶がいるといわれています。

ただ、信仰心が強いと他の宗教を否定することが多い中、タイでは異なる宗教に対しても、とても寛容です。

信仰心は強いものの、他の国から来た人が宗教の問題で困ることはないと思います。

【タイと日本との文化を比較】

タイ人 日本人
階級制度 あり 無し
宗教観 90%が仏教 無宗教、多宗教

 

【タイと日本の物価の違い】

「タイと日本とでは、経済的な格差が大きんじゃないの?」

「日本人は、タイ人から見てお金持ちの人が多いって思われてるのかな?」

タイの物価は、日本の約1/2から1/3ですから、日本は裕福な国と思われるかもしれません。

しかし、タイは2015年の経済成長率が東南アジアでトップの国です。

また、国の豊かさも、東南アジアではインドネシアに次ぐ第二位の国。

今はまだ日本と多少の物価の違いはあるものの、著しい経済成長を遂げていて、あと数年もすれば、先進国の仲間入りを果たすことは間違いないと言っていいでしょう。

日本人がタイへ行き、お金持ちぶるのは、ちょと恥ずかしいことかもしれませんね。

 

【タイ人と日本人の恋愛観って違うの?】

「タイ人と付き合うときに気を付けることってあるの?」

「タイ人とお付き合いして、日本人が理解できないことってあるの?」

日本人が、タイ人とお付き合いを考えた場合、初めてのことで、色々な問題が起こるんじゃないかという不安を感じるのではないでしょうか?

しかし、あらかじめタイ人の恋愛観を知っておくことで、不安なくタイ人とお付き合いができるようになります。

ここでは、タイ人の恋愛感について説明していきます。

・ 告白は男性から?女性から?

女性に告白するのは、男から。

日本では、そんな風習があります。

しかし、ここ最近では、女性も積極的になり、女性の方から告白なんていうケースも多くなってきました。

実は、タイも同じことが言えます。

タイでも、基本男性から女性に告白をすることが一般的です。

ただ、こちらも最近では女性の方からアプローチなんていうケースも増えて来ています。

ただ、もしタイ人女性とお付き合いをしたい場合、男性からしっかり気持ちを伝えた方がいいでしょう。

・ サプライズにあまり興味はない。

日本人は、告白や記念日に、相手を感動させようと、サプライズを仕掛けたりします。

サプライズを受けた日本人は、感動して、よりお互いの気持ちが深まったりすると思います。

しかし、タイでは、サプライズはあまり重要ではなく、あまり感動もしない傾向があります。

「せっかくサプライズを計画したのに、相手のリアクションが薄い!」

なんて、相手のリアクションを期待するのあれば、あまりサプライズを計画しない方がいいかもしれませんね。

・ 計画を立てない

日本人は、よく計画を立てることをしますよね。

友人と会うときや、デートのときは、あらかじめ予定をたて、いつ、どこで、何時に待ち合わせというのは普通です。

しかし、タイでは、予定を立てるということをあまりしません。

ですから、デートの誘いが突然なんてこともありますし、逆に予定を立てていたデートを突然キャンセルなんてこともあります。

タイ人とお付き合いする場合には、予定を立てたデートを突然キャンセルされても、冷静でいることが必要です。

・ 食事は定番が一番

日本人は、創作料理を出す飲食店や居酒屋などが多くありますよね。

シンプルな料理ではなく、「〇〇添え」だとか、「〇〇仕立て」とか、いったものが多くあります。

ひと工夫手を加えた料理は、日本人には人気があり、そのひと手間のおかげで人気店になったりもします。

しかし、タイ人女性は、あまり食べなれていない料理にはほとんど興味がない傾向があります。

普段食べなれているものが一番という考えを持っていて、デートの時に、高いフランス料理を食べに行くくらいなら、普段から食べなれているものを食べた方がいいと思う女性が多いようです。

・ 貞操観念

タイは、貞操観念が低いと言っていいかもしれません。

というのも、日本では、15歳以下の妊娠は1,000人に対して4人ですが、タイでは1,000人に対して70人と、約17倍以上です。

性に対しては、とてもオープンな面があり、深刻な問題にもなっています。

【タイ人と日本人との恋愛観を比較】

タイ人 日本人
告白はどちらが? ほぼ男性 ほぼ男性
サプライズは必要? 必要なし 必要
計画性 無し あり
デートでの食事 気にしない 気にしがち
貞操観念 低い 高め

 

【タイ人の結婚観とは】

「タイ人との結婚を考えた時に、何か知っておかなければならないことってあるの?」

「タイ人って日本人のことをどう思っているんだろう?」

タイ人は、イケメンな男性、キレイな女性が多く、日本人の男性や女性も、タイ人との結婚を考える人は少なくないのではないでしょうか?

しかし、日本とタイとの結婚観感に、どんな違いがあるのかが全くわからない人は少なくありません。

ここでは、タイ人と結婚を考えた時に、知っておきたいことを説明していきます。

・ タイ人の結婚適齢期って何歳?

タイでは、男女ともに17歳から結婚が出来るようになります。

日本の場合、男性は18歳、女性は16歳ですから、それほど違いはありません。

しかし、タイの結婚適齢期はとても早く、女性の場合20歳前後、男性でも23歳前後です。

適齢期を過ぎても結婚をしないと、周りからは「なぜあの娘は結婚しないんだろう?」って噂をされるのは、万国共通のようです。

・ 身分が違うと結婚ができない

タイという国は、階級社会です。

かつて、日本で農民と上級武士が結婚できなかったように、階級が違う相手とは基本、結婚をすることができません。

では、ここで疑問に思うのが、タイ人から見た日本人の階級は?

と言うことになります。

どうやら、日本人は身分が高いと考えられているようです。

ですから、結婚に対する階級問題は全く問題はありません。

・ 日本人はモテるの?

タイ人女性から、日本人男性はモテるんでしょうか?

という、ストレートな疑問を持つ人も少なくないのではないでしょうか?

日本人男性が、タイ人女性にモテるかどうかと言えば、モテると言ってもいいかもしれません。

それは、タイ人男性の仕事に対する考え方、タイ人男性の浮気、タイ人男性との経済力を比較した結果だと思います。

日本人は、仕事熱心で経済的にも安定している人が多いですからね。

・ 親の影響力

タイでは、相手の女性からモテることは当然の条件ですが、女性の親に気に入られることもとても重要です。

日本と比べると、親の意見をとても重視する傾向があり、最終的な決定権も親が持っている場合が多いです。

ですから、結婚を考えるのであれば、親にも気に入られることが条件と言えます。

・ 年の差婚も当たり前

日本では結婚相手との年齢差というと、最近では、10歳の年の差婚なんてことも、珍しくないようになってきましたが、だいたい5歳程度です。

タイの場合はどうでしょう?

タイでは、10歳の年の差婚は普通です。

20歳の差、中には30歳の差なんて場合も珍しくありません。

富裕層と貧困層では差があり、貧困層の人たちが経済的安定を求めるために、年齢が高く収入も安定した人との結婚を希望していることも、年の差婚の年齢幅を広げている要因の一つと言えます。

日本で、もう結婚は無理かな?

なんて諦めている人も、タイ人からすると、ちょうどいい年齢差だったりします。

50歳の男性が20歳の女性と結婚。

なんてことも、実際にあることです。

・結婚にこだわりはない

事実婚という言葉があります。

籍は入れてはいないけど、結婚をした状態とほぼ同じように生活をしている状態のことです。

テレビドラマの影響などで、日本でも事実婚で一緒に暮らす人が増えてきているようですが、やはり結婚をして籍を入れるのが一般的ですね。

しかし、タイでは結婚というものにこだわりはあまりありません。

結婚という形式より、一緒に暮らしていくという内容の方を重視しているからでしょう。

ただ、男性が浮気性で、籍を入れるのは不安ということ、女性は、より経済的に豊かな人、よりいい人に流れる傾向があるということも籍を入れない理由にあげられるそうです。

・ 料理はほとんどしない

結婚を決めた理由として、「胃袋をつかまれた!」なんてことを、よく聞きますよね。

人間の三大欲求の1つを女性に支配されるわけですから、結婚を決める理由になることは納得です。

ただ、タイ人女性の場合、家庭で料理をすることをあまり望まない方がいいと思います。

女性の社会的水準のとても高い国で、仕事をせずに家で家庭を守るより、外で仕事をするタイプの女性が多いです。

家で食事を作る暇があったら、仕事をした方がより家庭が安定するといったところでしょうか。

【タイ人と日本人との結婚観を比較】

タイ人 日本人
結婚適齢期 20歳前後 30歳前後
身分の違い 階級社会。身分が違うと結婚できない 身分は全く関係ない
年の差婚 20歳差も当たり前 10歳差程度
籍を入れることにこだわりはない。 籍を入れるのが当たり前。
料理 ほとんどしない。 ほとんどする。

 

【タイ人の教育は日本とどれだけ違うの?】

「日本とタイで、子供の教育方針に違いってあるの?」

「日本と比べて、教育内容にだいぶ差があるのかな?」

日本からみて、タイはまだ後進国で、教育に対する環境もあまり整っていないというイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、タイは急速な経済成長により、先進国といっていいほど、生活水準の高い国になっています。

都心部では高層ビルが立ち並び、高級車も少なくありません。

識字率の世界平均が85.9%のところ、階級社会で、貧困地域があるにも関わらず、タイは94%もあります。

それだけ教育環境が行き届いているということの証拠です。

ちなみに、この数値は、香港とほぼ同じ水準です。

ただし、大学進学率となると35%程度になり、あまり高いとは言えません。

 

【タイ人との結婚は、問題が多いの?】

「タイの人と結婚した時のトラブルってどういったものがあるの?」

「タイ人と結婚をしたことを後悔した人っているのかな?」

国際結婚というのは、文化の違いはもちろん、法的な違いもあることから、色々な問題が発生する場合があります。

しかし、どんな問題があるのかをあらかじめ理解しておくことで、結婚前、結婚後も問題なく生活を続けていくことができます。

ここでは、タイ人と結婚をした場合の問題点を挙げてみたいと思います。

・ 斡旋業者の存在

タイの女性と日本人男性の結婚の仲裁をする斡旋業者はいくつか存在します。

但し、中には仲介料を多く請求したり、詐欺行為を行い業者もあります。

大手仲介業者であれば、そんな心配は無用なんですが、お見合い時にプロフィールがはっきりしていなかったり、相手の写真もすぐに見せることが出来ないような会社は、注意が必要です。

・ 家族への仕送り

タイ人は家族をとても大事にします。

また、親をとても敬います。

そのため、自分が嫁に出てしまったあとの家族の心配をする女性が多いです。

そこで、結婚後も、親へ仕送りをする人は少なくありません。

ただし、自分の家族に仕送りをさせることが目的で結婚をすることも残念ながらありえます。

頼られると弱い日本人ですが、あまりに高額な仕送りを要求されたときには、注意しましょう。

・ 兵役義務

日本には兵役義務というものが、現在はありません。

しかし、タイでは18歳から21歳の間に徴兵検査を受け、兵役をする義務があります。

タイ人男性と結婚をした後に、旦那が兵役になんてことにも注意が必要です。

だた、タイの徴兵制度は少し変わっていて、タイの男性全てが兵役の義務を果たさなくてはならないわけではありません。

徴兵されるのは一部で、その決定は、なんとくじ引きによって選ばれます。

タイ人男性、徴兵前のタイ人男性との結婚を考えている人にとっては、運命を分けるくじ引きになりますね。

日本人女性がタイ人男性と結婚を考えた場合、この兵役は重要な問題の一つですから、しっかりクリアしておくことが大事です。

 

【まとめ】

タイは微笑みの国と言われるほどニコニコしている人が多く、争い事を好まず、温和で穏やかな性格の人が多い国です。

男性は優しい人が多く、女性は一途で働き者が多いです。

国自体も著しい経済成長を遂げ、今では後進国とは言えないほどの発展しています。

年の差婚も珍しくないため、日本で高齢が原因で結婚をあきらめていた男性も、若くて美人な女性と結婚できる可能性を十分に秘めた国と言っていいでしょう。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*