韓国人と結婚するには

韓国に一番近い長崎県の対馬から韓国までの距離は、わずか49.5km。

博多から釜山まででも、約210kmと、とても近い隣国の韓国。

日帰りで出かけることもできる距離です。

また日本人とおなじアジア系民族で、外国人の中では、とても親しみ安いと言えます。

【韓国人はどんな性格の人が多いの?】

「韓国人って日本人と性格がどれだけ違うんだろう?」

「韓国人は、気が荒いなんて聞くけど、ほんと?」

韓流ブームも、最近はかなり落ち着いてきました。

とはいっても、まだまだ根強い人気がありますよね。

しかし、身近な韓国のように見えて、韓国人はどんな性格の人が多いかを私たちは全く知らなかったりします。

韓国人の性格は、どんなタイプの人が多いのかを、日本人と比較しながら説明していきます。

・男性の性格

韓国人男性は、優しく、まじめで、ロマンチスト。

悪い点は、感情的になりやすいといったところでしょうか。

日本人男性と似たところがありますが、日本人男性と比べると、とてもロマンティストな一面を持っています。

これは、韓国人女性がロマンティックな言葉やシチュエーションを求める傾向があるからと言ってもいいかもしれません。

逆に、韓国人男性は、日本人男性と比べて、やや感情的になる傾向があります。

とても優しい彼が、ある一言をきっかけに、急に怒り出すなんてこともあります。

男性の感に触るキーワードを理解して、女性は上手く男性をコントロールする必要がありますね。

・女性の性格

韓国人女性は、とても愛情が深い反面、気が強く、自分の意見もストレートに伝えてきます。

いい言い方をすれば、自分の意思をしっかり持っていて、その意思を貫き通す面を持っています。

その結果、気が強く、感情をストレートにぶつけてくるといったところでしょうか。

ただ、一度気を許した相手に対しては、とても愛情深いのも特徴です。

そんな韓国人女性にはない、おとなしく、おしとやかなイメージを持つ日本人女性は、韓国人男性から、とても人気があるようです。

・年長者を敬う

韓国人は、年長者を敬うことを忘れません。

これは、年功序列の文化が根強く残っている影響で、両親を敬い、家族をとても大切にします。

日本人も、家族を大切に思う国の一つですが、韓国の家族愛は、日本以上です。

・情熱的

ロマンティストだからととらえてもいいかもしれませんが、ロマンティックなシチュエーションを求める韓国人女性に対し、ロマンティックな演出をする韓国人男性。

ロマンティックな演出をしようとすると、どうしても情熱的な感情はセットになる傾向があります。

日本では、あまり情熱的に自分の感情を表現すると、「キモイ」とか言われてしまいそうですよね。

・感情的

こちらは情熱的な感情がもたらす結果ですね。

情熱的な気持ちを表現するには、感情的になったほうが、より相手に伝わりやすいですよね。

相手にいい印象を与える感情だけであればいいのですが、相手を不快にさせる負の感情も、同じく現れてしまう欠点もあります。

感情がいきなり変化して、急に過激な行動に移ってしまうなんてこともたまにあります。

・自分の意思をしっかり表現

外国人から見て、よく言われる日本人の欠点に、自分の意見をしっかり言うことができない。

という点があります。

しかし、韓国人は、同じアジア系の民族ですが、自分の意見はしっかり相手に伝えることをします。

YESかNOがとてもはっきりしているので、相手の気持ちを探るなんて面倒なことは必要ないでしょう。

【韓国人と日本人の性格比較】

韓国人 日本人
男性 ロマンティスト・感情的 キザなことが言えない・穏やか
女性 気が強い、愛情深い おしとやか
自分の意見 ストレート 変化球

 

【韓国人と日本の価値観の違い】

「韓国人のお金の使い方って、荒いのかな?」

「韓国と日本とでは、物価ってどれだけ違うんだろう?」

国が違えば、物価も違います。

どうしても、お金の使い方などにも違いが出てきたりするものです。

しかし、その違いをある程度理解していないと、その価値観の違いを急に知ると、びっくりしてしまうことがあります。

韓国と日本の価値観の違いを少し説明していきます。

・お金の価値観

お金がないときでも、人におごることを、日本人はあまりしませんよね。

見栄を張りたくても、無い袖は振れません。

しかし、韓国人の場合、お金がなくてもおごることをします。

プライドが高いことが原因でしょうか。

また、欲しいと思たものは、買ってしまうという傾向もあります。

結婚を考えた時には、しっかり財布のひもを握っておく必要がありますね。

・食文化

食べ物を無駄にしない。

出されたものは、残さず食べるのが礼儀。

これが日本の考えではないでしょうか?

しかし、韓国では、出されたものは少し残すのが礼儀です。

これは、食べきれないほどのもてなしを私は受けました。

という気持ちの表現です。

もてなした側が、自分のおもてなしは、不十分だったと思わせないようにする配慮なんですね。

韓国人男性に料理を作って、少し残すのは、気遣いだと理解しましょう。

・物価の違い

韓国の一世帯当たりの平均所得額は、月に約50万円。

日本は、約39万円になっています。

ですから、日本と比べると、生活費は高いと言えます。

であれば、物価も日本と比較すると、少し高めと思いますが、意外にも日本よりも物価は安い物ばかりです。

タクシーにしても、外食費、衣類やアクセサリーなども、日本と比べて安いんです。

逆に、日本より価格は高いものの方が、まれと言ってもいいでしょう。

ですから、韓国の生活は、日本よりも少し裕福と言ってもいいかもしれませんね。

【韓国と日本の価値観の比較】

韓国人 日本人
金銭感覚 派手、浪費家 借金を極力避ける
食事 少し残すのがマナー 全て食べるのがマナー
物価 平均月所得50万円 平均月所得39万円

 

【韓国人の宗教観を教えて】

日本は、多宗教、無宗教の人が多いですが、韓国ではどうなんでしょう?

韓国は、約50%の人が、なんらかの宗教団体に属していると言われています。

主な宗教は、仏教とキリスト教ですが、合わせても5割程度。

日本と同じように、多宗教、無宗教と言ってもいいかもしれませんね。

恋愛や、結婚に対して、宗教が影響することは、少ないようです。

【韓国と日本の宗教観】

韓国人 日本人
宗教 多宗教、無宗教 多宗教、無宗教

 

【韓国人と日本人の恋愛観って違うの?】

「韓国人と付き合うときに注意することってあるの?」

「日本の恋愛事情と、どれだけ違うんだろう?」

どの国の人が相手でも、同じ恋愛なんだから、別に違いはないのでは?

と思いがちです。

しかし、国が違うということは、文化も違い、恋愛にも少なからず違いが生じます。

では、どんな違いがあるのかをここで説明していきたいと思います。

1・恋愛前

日本の恋愛に、学歴や職業は、あまり関係がないと言ってもいいのではないでしょうか?

気になる相手と出会い、親しくなっていくうちに、相手の学歴や職業などを知っていくことが多いと思います。

そこで、相手の職業や学歴が原因で、恋愛対象ではなくなると言ったこともほとんどないのではないでしょうか。

しかし、韓国では、お付き合いをする相手の学歴や職業を重視する傾向があります。

これは、韓国の学歴社会からくる影響と言えます。

また、お付き合いが始まる前には、日本同様、告白をする習慣があります。

しかし、日本と違う点は、韓国人女性は、この告白にロマンティックさや、サプライズを求める傾向があるということです。

日本人女性が韓国人男性から告白を受けると、その演出にちょっと照れてしまうかもしれませんね。

2・恋愛中

韓国人は、恋愛が始まると、驚くほど記念日を大事にします。

付き合い始めて、1ヶ月記念、50日記念、100日記念、とにかく記念日だらけです。

記念日を忘れると、それが別れの原因にもなるほどですから、若い韓国人にとっては、記念日管理アプリは必須アプリのようですね。

また、お付き合いが初まると、当然ですがデートをするようになります。

気になるのは、デートにかかるお金です。

韓国は、基本男性が全てお金を払う習慣があります。

最近の若い年代では、「ワリカン」といったケースも出てきているようです。

この点は、あまり日本と変わらないですね。

韓国人は、とにかくサプライズが好きです。

お付き合いをしている最中、男性は、どうやって相手を感動させようかなんてことを常に考えています。

また、韓国人女性も、どんなサプライズが来るのかを期待しています。

韓国人と恋愛をする場合、常にサプライズを心がけた方がいいでしょう。

・結婚を意識

韓国人の結婚適齢期は、約30歳くらいで、日本とほぼ同じです。

しかし、知っている方もいると思いますが、韓国での年齢の数え方は独特です。

それは、生まれた時点で、日本は0歳に対して、韓国では1歳になります。

また、日本では誕生日に年をとりますが、韓国では国民の全員が1月1日に年をとります。

つまり、12月1日生まれの子供がいたとすると、翌年の1月1日になると、日本人の子供は、まだ1ヶ月しか経っておらず、0歳です。

ところが、韓国では12月1日に生まれた時点で1歳。

年を越えた翌年の1月1日に、歳をとりますから、2歳になるわけです。

1ヶ月の新生児が、2歳です。

初めて知る人は驚くと思います。

ですから、日本の適齢期と比べると、年齢は同じでも、韓国の場合、若干早い年齢ということになりますね。

また、日本では結婚前の同棲に対して、だいぶ緩くなってきましたが、韓国では結婚前の同棲は、まず考えられません。

この辺は、昔の古き日本を感じさせられるところがあります。

・避妊について

韓国人男性とお付き合いする場合に、必ず知っておかなければいけないことに、「避妊」があげられます。

結婚前に肉体関係を持つことは、日本でも韓国でも特に珍しい事ではありません。

しかし、韓国の避妊に対する意識の低さには驚かされます。

日本のように、詳しい性教育を受けていないことが原因で、性行為の時にゴムをつける習慣がほとんどありません。

その結果、中絶率がとても高いんです。

日本人女性が韓国人男性とお付き合いをする場合、絶対に気をつけなくてはいけない部分だと言えます。

【韓国と日本の恋愛観を比較】

韓国人 日本人
相手の学歴は気になる? 気になる。 ほとんど気にならない。
告白方法 サプライズ 普通
記念日 1ヶ月、50日、100日などたくさん。 誕生日やクリスマス等
デート代 主に男性 主に男性
適齢期 約30歳(実質28~29歳) 約30歳

 

【韓国人の結婚観とは】

「韓国人と結婚するときに、どういいったことを気にすればいいんだろう?」

「日本と韓国では、何か結婚のしきたりに大きな違いってあるんだろうか?」

国際結婚を考えた時に、必ず気とめておかなくてはいけないことは、その国の結婚のしきたりを理解しておくということでしょう。

これは、日本で結婚する場合は、あまり気にしなくてもいい気がしますよね。

しかし、日本で結婚をする場合でも、相手の国のしきたりをしっかり理解しておくことは、とても重要なことなんです。

日本と韓国との結婚観の違いを、いくつか説明していきますね。

・結婚へのこだわり

韓国は、結婚にとてもお金をかける傾向があります。

結婚披露宴の費用事態は、日本とあまり変わらないんですが、新婚の場合、新たに二人が住む住居を新郎側が、生活に必要な家電や家財道具を全てを新婦側が新調することがほとんどです。

結果、結婚をする際に、両家で1千万以上のお金がかかることが当たり前になっています。

この多額の結婚費用を、韓国では両親が負担することが当たり前になっています。

そのため、子供が結婚をするときに、借金をするなんてこともよくあることです。

・家、親はとても大事

最近では少ないとされている、結婚後の嫁姑の争いですが、韓国ではどうなんでしょう。

「お義母さんとケンカになったら、私の味方をしてくれる?」

と、もし日本人が奥さんから聞かれれば、日本人男性は、「もちろん」と答える人が多いと思います。

しかし、韓国は、家族をとても大事にする国です。

そもそも、姑に歯向かう嫁というイメージさえない可能性があります。

年功序列、男尊女卑。

最近は韓国も、レディーファーストになりつつはあるものの、まだまだお嫁さんは苦労すると言っていいかもしれません。

・夫婦別姓

韓国では、儒教の教えで、血の繋がりをとても大事にします。

ですから、結婚しても夫婦別姓です。

結婚して、苗字を変えると、旦那さんの家族の一員となり、自分の家族との縁がきれるというイメージがあります。

どういう状況になっても、家族。

という意識が強いからこその夫婦別姓なんですね。

・性生活

韓国の性生活は、あまり活発とは言えません。

とはいっても、月に平均4回ほど性行為を行うようですから、日本とあまり変わらないと言っていいでしょう。

全体的に、韓国人男性は、スタミナはあるようですが、内容は雑なんていう人もチラホラ。

【韓国と日本の結婚観を比較】

韓国人 日本人
結婚 凄く派手 派手
結婚後の家族関係 旦那の親をとても大切にする 親も大事だが、お互いが一番大事
夫婦別姓 夫婦別姓 夫婦別姓でもOK
性生活 月4回程度 月4回程度

 

【韓国人の子育ては日本とどう違うの?】

「韓国人の子供へのかかわり方って、日本とは違うの?」

「韓国って学歴社会なの?」

日本での教育は、学問はもちろん、礼儀も教育のうちの一つです。

しかし、韓国の教育は、学問に重点を置きすぎている傾向があります。

というのも、韓国では、学歴がとても重視されます。

その結果、大学進学率は非常に高く、日本では63%の進学率に対して、韓国ではなんと95.35%。

ほとんどの人が大学へ通っています。

また、大学を卒業しても、正社員として採用されるのは、半分ほどという、厳しい社会です。

Thinkstockの調査によると、世界30カ国で「子供の幸福度調査」を行った結果、韓国は最下位になっています。

これは、学歴社会による受験戦争が引き起こす、ストレスが原因と言われています。

 

【韓国の兵役制度】

「そういえば、韓国って、徴兵制度があるんだよね?」

「韓国人男性と結婚したら、徴兵制度で別居なんてことがあるの?」

新婚なんだから、徴兵から逃れることができるんじゃないの?

って思う人がいるかもしれません。

しかし、結婚をしたからと言って、徴兵を免れることはできません。

韓国人男性は、18歳から35歳の間に2年間、兵役を務めなくてはなりません。

これが、兵役を終える前に結婚をした場合でも同じです。

日本人女性と結婚したからと言って、日本国籍に帰化しない限り、徴兵を免れることはありません。

但し、帰化をしなくても、日本に在住している場合、37歳になるまで、パスポート更新の度に「兵役義務者国外旅行期間延長許可」の申請を行えば、徴兵を免れることは可能です。

また、徴兵された際の給与は、平均約8万ウォン、日本円で約8,000円です。

これではとても生活をしていくことはできませんよね。

敗戦後、1945年(昭和20年)11月17日に日本では徴兵制度がなくなりました。

徴兵制度というもの事態、全く知らない人が多いので、必ず確認をしておいた方がいいでしょう。

【徴兵制度】

韓国人 日本人
徴兵制度 あり 無し

 

【韓国人にモテる日本人のタイプは?】

韓国人男性、韓国人女性からモテるタイプの日本人は、どういったタイプの人がモテるのかを知ることは、韓国人とのお付き合いを希望する人にとっては、とても重要なことです。

では、男性と女性を分けて、どんなタイプが持てるのかを解説していきます。

・韓国人男性にモテる日本人女性

日本人女性は、韓国人男性からとてもモテます。

その理由は、以下のように思われていることが要因です。

① 日本人女性は、愛嬌があり、とても優しい。
② 日本人女性は、男性のいうことに相槌を打ち、話を親身になって聞いてくれる。
③ 日本人女性は、気性の激しい韓国人女性とは違って、穏やかな性格の人が多い。
④ 日本人女性は、外見ばかり気にする韓国人女性とは違い、内面をとても意識する。

これだけ見ると、日本人女性を褒め称えていますね。

ただ、韓国人男性は、こう言いながらも外見重視の人が多いという結果もあります。

・韓国人女性にモテる男性はこんな人

韓国人男性から日本人女性がモテるのとは逆に、韓国人女性から日本人男性がモテるという話はあまり聞きません。

ただ、付き合ってみて、日本人男性の良さが分かったという話はあるようです。

そのいい点とは、「相手を第一に考えるやさしさ」のようです。

やはりといったところでしょうか。

では、そんな韓国人女性が好む男性のタイプを書き出してみます。

① 活発で頼もしい男性
② 優しくて落ち着きのある男性
③ 笑顔が可愛いくて愛嬌のある男性

・・・
笑うしかありませんね。

こんな人は、誰からもモテモテですよね。

 

【韓国人との結婚で注意することとは?】

「韓国人と結婚を考えているんだけど、なにか注意しなくちゃならない点ってあるの?」

「韓国人と結婚して、ここが失敗だったなんてことはないの?」

一生この人と添い遂げたいと思う人ができて結婚をするんですから、結婚はお互いが好き同士であれば、何も問題はない。

なんて思っていませんか?

しかし、結婚というものは、お互いが好き同士であればいいわけでもなく、まして国際結婚となると、注意しなくてないけない問題が必ずあります。

では、韓国人との結婚を考えた時の、注意するべき点を2点お話ししたいと思います。

1・両親の反対、反日感情には注意!

韓国では、小さなころから「反日教育」を受けています。

ネットなどの普及により、グローバル化がどんどん進むこの時代ですから、若い世代を中心に、徐々に韓国人が抱く反日感情は薄くなってきています。

とはいえ、まだまだ親世代の人には根強い反日感情が残っています。

そのため、日本人との結婚というだけで、反対をする韓国人の親も少なくはありません。

反日感情をあまり持っていない家庭の人との結婚の方が、幸せになれそうですね。

2・美人!と思ったら・・

韓国のあるあるですが、韓国は整形をすることに抵抗があまりありません。

その証拠に、やく4割以上の女性が、整形をしているそうです。

美人な韓国人女性と結婚して、生まれてきた子供の顔に驚くなんて話は、よく聞きます。

子供のころの写真を見せてもらうチャンスがあれば、一度確認をしてみた方がいいかもしれませんね。

 

【まとめ】

情熱的で、感情豊かな韓国人男性。

愛情深く、自分の気持ちをストレートぶつける韓国人女性。

そして、記念日が多く、とても大事にし、サプライズが大好き。

そんな韓国人に惚れて、結婚を考えた時には、二人の結婚とは考えずに、両家の結婚ということしっかり理解して結婚をすすめていくことが大事と言えます。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*