アメリカ人と結婚するには

アニヴェルセル総研のアンケート調査結果によると、日本人が結婚したい外国人ランキングで、アメリカ人は、男女ともに2位という結果が出ています。

日本人から、とても好印象に思われているアメリカ人ですが、そんなアメリカ人との結婚を
夢見る人も少なくはないようです。

そんなアメリカ人との結婚について、少し考えていきましょう。

【アメリカ人はどんな性格の人が多いの?】

「アメリカ人の性格って、どんなタイプの人が多いんだろう?」

「日本人は、自分の意見を発言できないって思われているようだけど・・」

アメリカ人は、先住民のインディアンが住んでいたアメリカ大陸を侵略したという歴史から、勝敗に対してとてもこだわりがあり、激しい性格の人が多いと言えます。

しかし、そんな激しい性格の反面、とてもフレンドリーで、社交的な面も持っています。

また、行動力に対しても、日本人と比べると、とても積極的です。

その証拠に、日本人は大学を卒業すると、大手の一流企業へ就職したがる人が多いのに対し、アメリカ人は、ベンチャー企業などを自分で立ち上げる人が多いんです。

アメリカ人から見る日本人は、少しおとなしく、消極的と思われているようです。

アメリカ人 日本人
気性 荒い 穏やか
社交性 活発 消極的
行動力 自発的 他力的

 

【アメリカ人の価値観って日本とどう違うの?】

離婚をしてしまう夫婦の離婚原因の一つに、価値観の不一致があります。

日本人同士の結婚でも価値観が一致しないことはありますから、アメリカ人と結婚を考えた時には、より価値観の不一致がないように心がける必要があります。

そこで、「金銭感覚」と「学歴」の2点についての価値観の違いを説明していきたいと思います。

アメリカ人の金銭感覚って、日本人と違うの?

「アメリカ人って、よくホームパーティーとか、旅行に出かけるイメージがあるけど、浪費家癖があるのかな?」

「アメリカの人の、借金に対する感覚って、どうなんだろう?」

金銭的に苦しいとき、日本人の場合、「外出を控えよう。」「物を買うことを控えよう」と、お金を使わない方向で考えます。

しかし、アメリカ人の場合、「普段よりもお金がかからない場所へ出かけよう」「少し安いものを購入しよう」といったように、お金の出費をなくすという考えはなく、使うお金を減らすという行動をとります。

使うことが当たり前の行動で、使わないという選択肢はあまり考えられないようです。

つまり、金銭面において、日本人と比べるとアメリカ人は浪費家と言っていいでしょう。

その証拠に、アメリカ人の7割近い人が、貯金は10万円程度。

借金も、一人当たり100万円以上なんていうのは当たり前のようです。

結婚を考えた時には、この点に注意が必要ですね。

「アメリカにとって、学歴は大事なものなの?」

「日本は、まだまだ学歴社会だけど、アメリカはどなんだろう?」

「日本みたいに、小さいころからいい学校に入れるようなことはするのかな?」

日本では、最近就職の際に、実力主義で、あまり学歴を気にしないという傾向になりつつありますが、まだまだ学歴社会の風習は根強く残っています。
その点、アメリカは実力主義の社会だから、角礫は一切気にしないのでは?

と思いますよね?

しかし、実はアメリカは、「超」がつくほどの学歴社会です。

学歴によって、社会的な立場が変わる、階級社会の国です。

就職した時の初任給も学歴によって、大きな差が出てしまうのも特徴です。

これは、格差社会の引き金にもなっていますね。

ただ、アメリカ人はこの学歴の差によって生じた格差に対して、劣等感という感情を持つことが少ないのも特徴です。

人と比べることより、自分はどうあるべきかを優先的に考えることが出来るからでしょう。

アメリカ人 日本人
金銭感覚 浪費家 節約家
学歴 超学歴社会 学歴社会

 

【アメリカ人の宗教観を教えて。】

「日本人って、信仰している宗教がなかったりするけど、アメリカ人ってどうなんだろう?」

「アメリカ人はキリスト教のイメージがあるけど、どれだけの人が信仰しているんだろう?」

日本人は、「多宗教」とか、「無宗教」だとか言われています。

その理由に、初詣や七五三の時に、神社などへお参りに行きますよね?

これは「神道」。

お葬式の時にはお寺で。

これは「仏教」。

そして、クリスマスもしっかり行ったりしますよね。

これは「キリスト教」です。

このように、宗教のことをあまり理解せずに、「昔からこうしているから・・」と言ったような感覚で行動している人がほとんどです。

では、アメリカ人はどうでしょう?

アメリカ人の場合、約75%ほどの人が、キリスト教を信仰しています。

しかも神の存在を信じる人は、国民の約95%にも達します。

この場合、もしアメリカ人と結婚すると、毎週教会へ足を運ぶ必要があるのでは?

と思うかもしれませんが、実際のところ、毎週教会へ通っている人はアメリカ国民の15%ほどです。

また、若い年層になるにつれ、どの宗教にも属さないというアメリカ人が増えてきているのも現状です。

とはいっても、結婚を決断する前には、しっかり宗教に対するお話はした方がいいと言えるでしょう。

アメリカ人 日本人
宗教 主にキリスト教 多宗教・無宗教

 

【アメリカ人と日本人の恋愛観って違うの?】

アメリカ人と結婚したいと考えると、結婚前にまずお付き合いをする必要があります。

そこで、日本人とアメリカ人との恋愛観の違いをしっかり理解しておくことも、とても重要なことです。

では、アメリカ人の恋愛観は、どういったものでしょう。

自由な恋愛を求める。

日本人の場合、異性とお付き合いをしている最中に、相手の人が違う人と二人きりで街を歩いていたらどう思うでしょう?

きっと、「浮気をしている!」と思いますよね。

しかし、アメリカの場合、「デーティング」という言葉があります。

これは、「デート未満」といったところでしょうか。

まだ恋愛とは言えない状態です。

ですから、アメリカ人とお付き合いを始めても、当たり前のように他の異性とデートらしき行為をする可能性は、とても高いと言えます。

このことに理解を示すか、日本ではNGだといことを言い聞かせるかは、あなた次第です。

フィーリング

フィーリングとは、直感的に抱く感情です。

日本人が異性とお付き合いを始めるときに、第一印象のいい、悪いはあったとしても、フィーリングだけでお付き合いを決めてしまうということは、あまりないのではないでしょうか?

ちゃんとお話しをしてみないとわからない所とか、相手の素性なんかも気になるところです。

しかし、アメリカ人は恋愛をするうえで、フィーリングをとても大事にしていて、フィーリングだけですぐに恋愛に発展することも当たり前のようにあります。

日本人は恋愛に対して慎重派ということなのかもしれません。

告白はない

「私とお付き合いしてください。」

日本では、お付き合いを開始する前に、相手に対して恋愛関係の承諾を得るための「告白」をするのが一般的ですよね。

しかし、アメリカでは、お付き合いを申し込むときに、告白ということはしません。

その結果、キスや性行為を行っているのに、実際は付き合っていないなんていう状態さえあるほどです。

アメリカ人女性が、「私たちの関係って?」「私はあなたの彼女なの?」なんていう質問をしていることもしばしば。

アメリカ人男性とお付き合いする場合、「Am I your girlfriend ?」

アメリカ人女性とお付き合いする場合、「Are you my girlfriend ?」

なんて聞いてみてはいかがでしょう。

結婚適齢期は考えない

日本人男性の結婚平均年齢は、「31.1歳」、女性は「29.4歳」です。

アメリカ人男性の場合は、「29.3歳」、女性は「27.0歳」という結果が出ています。

これを見る限り、結婚適齢期はアメリカ人の方が早く、早いうちに結婚を意識しそうな気もします。

しかし、アメリカでは、結婚適齢期をということはほとんど考えません。

日本人のように、結婚適齢期を過ぎたら、結婚がしにくくなるというような感覚を、アメリカ人みんなが持っていないため、いくつのなっても結婚ができると考えられ、結婚したいときにを結婚するという感覚を持っているようです。

アメリカ人 日本人
デート デート未満の「デーティング」というものがある。 付き合ってからする。
付き合うきっかけ フィーリング重視 告白
告白 無し あり
適齢期 気にしない 気にする

 

【アメリカ人の結婚観 4つのポイントとは?】

アメリカ人とお付き合いをしていて、お互いの愛が深まっていくと、やがて「結婚」ということになります。

では、この結婚に対して、アメリカ人と日本人を比較するとどのような違いがあるのかを考えていきます。

Point 1・結婚は交際の延長?

結婚をすると、徐々に身だしなみにも気を使わなくなったり、相手に対する愛情も薄くなることがあります。

日本では、結婚してしばらくすると、隣にいて当たり前の存在で、よく空気のような存在という表現を使ったりもしますね。

しかし、アメリカ人と結婚をしたら、恋愛時代と変わらない愛情で接することに注意が必要です。

あまりに結婚前と結婚後の差があると、相手から愛想をつかされる可能性も高いです。

Point 2・離婚率は?

アメリカ人夫婦の離婚率は世界2位で、とても高いと言われています。

しかし日本も最近では離婚率が高くなってきていて、世界6位という離婚率の高さになっています。

具体的な数値を出すと、子供、大人関係なく国民1,000人に対する日本の離婚率は、1.77人に対して、アメリカは、3.6人となっています。

日本人も離婚率が高くなってきたとはいえ、アメリカの離婚率の高さには驚かされます。

このことから、アメリカ人は離婚に対して、それほど抵抗がないということがわかると思います。

結婚する際には、しっかりと相手のことを理解してから結婚を決断しましょう。

Point 3・家事は女性?それとも分担?

「アメリカ人男性って、なんか家事を進んでやってくれそう」

と思う日本人女性が多いようです。

しかし、アメリカ人男性も、日本人男性とあまり変わらず、女性が家事をする傾向が強いです。

これは、男性は一家の稼ぎ頭だという気持ちを持っている結果だと考えられます。

全く家事をしないということはありませんが、アメリカ人男性に、家事負担や家事分担は、あまり期待しない方がいいかもしれませんね。

Point 4・性生活

結婚生活で、欠かすことができないものの一つに、性生活があります。

では、アメリカ人と日本人と比べ、性生活にはどんな違いがあるんでしょう。

まず、性行為そのものに対する考えが、アメリカ人と日本では少し違う点があります。

言い方は悪いかもしれませんが、日本人の場合、お互いの愛を確かめ合う行為の印象が強いんですが、アメリカ人の場合、主に快楽を求める手段として考えられている場合があります。

また、自分のしたいことは自分でするという環境で育った影響からなのか、自分の快楽が優先され、アメリカ人男性の場合、前戯がとても短いという傾向もあります。

ですから、日本人女性の場合、準備がまだできていない状態があり、痛いと感じることが多いようです。

積極的なアメリカ人女性は、性行為を行っているときに、自分が気持ちよくなる努力もするなんていうことは、日本では少し考えられことですよね。

日本人の場合、普段から相手の顔色をうかがって行動する傾向があります。

いい言い方をすると、相手がどう感じているのかを、常に意識しているということになります。

ですから、性行為も同じように、相手の女性の反応を気にしながら行う傾向があるんですね。

アメリカ人との性行為に繊細な内容は、あまり期待するべきではないでしょうね。

アメリカ人 日本人
結婚とは 恋愛の延長 空気のような存在
離婚率 3.6人 / 1000人 1.77人 / 1000人
家事 女性が中心 女性が中心
性行為 積極的・自分本位 消極的・相手を気遣う

 

【アメリカと日本の子育て方法に違いってあるの?】

日本の子育てと、アメリカの子育てとでは、けっこう違う点があります。

どんな違いがあるのかを簡単に説明していきます。

赤ちゃんが泣いていても気にしない

日本であれば、赤ちゃんが隣で泣き出せば、ついつい抱っこをしたりしてあやし、泣き止むように心がけますよね。

しかし、アメリカ人の場合は、泣いている赤ちゃんをそのまま放置することがほとんどです。

泣くことは、赤ちゃんなりの自己アピールをしているというのが、放置の理由とも言われています。

さすがはアメリカといったところでしょうか。

学校選びは、とても重要

最近では、日本でもいい小学校へ入るためのお受験といったものがありますよね。

アメリカの場合は、日本以上に教育に力を入れる傾向があります。

これは、アメリカの学歴社会の存在がその原因と言っていいと思います。

いい学校に入り、階級社会の上階層を目指すための教育に、アメリカ人の親は必死になるようですね。

子供との時間を大切にする

日頃の疲れを癒すために、お休みの日には家でゴロゴロと過ごす日本人男性は少なくないのではないでしょうか?

また、家でゴロゴロはしないものの、自分のためばかりに時間を費やす人もいます。

しかし、アメリカの場合、休みの日には家族でお出かけをするのが一般的です。

家族との時間をとても大事にするのもアメリカ人の特徴と言えます。

過保護すぎではないですか?子供への対応とは?

日本では、小学生になると一人で通学することが一般的ですが、アメリカでは地域にもよりますが、送り迎えが義務づけらている場所もあります。

また、小学生の子供を一人で留守番などをさせることが禁止されている地域もあります。

日本と比べると、銃社会のアメリカは治安が悪いといえます。

少し過保護では?と思うかもしれませんが、子供を守るためには親の監視と法的対応が必要と言えます。

体罰はNG

アメリカでは、子供を叩いたりすると、虐待とみなされる場合があります。

その場合、教育権を奪われてしまうといったこともあるため、叩いたりするような体罰は、まず行いません。

アメリカでは、一定時間、子どもを部屋で反省させる「タイムアウト」や、自分が行ってしまった問題に気づくまで怒らずに親がしっかり付き添う「タイムイン」といったしつけを行います。

夜は夫婦の時間

日本では、子供が生まれると、子供と母親が同じ部屋やベッドに寝て、父親が一人なんてケースが多いですよね。

しかし、アメリカでは、結婚して、子供が生まれても、夫婦の時間はとても大切にします。

寝室も、子供は一人で寝かせ、夫婦は一緒に寝るのが一般的です。

夜は赤ちゃんをベビーシッターに任せて、夫婦の時間を楽しむこともします。

日本ではちょっと考えられない光景かもしれませんね。

アメリカ人 日本人
寝室 夫婦と赤ちゃんは別 夫が別が多い
学校選び とても重要 重要
子供との時間 とても重要 あまり重視しない
子供に対する対応 過保護 少し過保護
体罰 NG レベルによるがOK
二人の時間 大切にする 失いがち

 

【アメリカ人がみる日本人の欠点は?】

アメリカ人とお付き合いを始めたいと思った時に、アメリカ人から日本人は、どういう欠点があると思われているのかを知っておくことも重要です。

あらかじめ知っておくことで、相手にこの日本人は少し違うといった好印象を与えることもできますよね。

自分に自信がないように感じる。

日本人は、自分の意見に自信がない人が多いように思われています。

自分の思ったこと、自分の信じたことに自信をもって行動をすることができず、第三者に意見を求めたり、相手の承諾を得てからでないと行動に移せないというところがあります。

他人の目を気にしすぎる

日本人は、他人の目を気にしすぎると思われています。

こんなことを言うと、あの人はどう思うかな?

こんなことを言ったら、周りから変な奴だと思われないかな?

といったように、自己主張がないように思われてがちです。

消極的

恋愛もそうですが、自分がこの人とお付き合いをしたいと思ったら、積極的に自分をアピールすることが大事です。

しかし、日本人は、自分から行動に移すことが苦手な人が多いと言えます。

アメリカ人は行動力がとてもありますから、行動力がないと、頼りなさそうに思われてしまいますよね。

キレイな人だな!

カッコイイ人だな!

と思ったら、しっかり口に出して相手に伝えてみてはいかがでしょう?

政治に対して無関心

あるデータによると、日本人の政治に関する関心度は、「非常に関心がある」と答えた人の割合は、「9.5%」と、とても低い数値でした。

ちなみにアメリカは、「22%」です。

自国の政治に無関心ということは、アメリカ人には理解できないことのようです。

アメリカ人 日本人
自信 あり あるようには思われない
他人の目 気にしない 気にする
積極性 高い 低い
政治に対する関心度 高い 低い

 

【どんな日本人がアメリカ人にモテるの?】

「アメリカ人とお付き合いしたいけど、そもそも日本人って相手にされるの?」

「アメリカ人って、どんなタイプの異性を好きになるんだろう?」

アメリカ人にモテようとするのであれば、アメリカ人に人気のあるタイプの人になるか、アメリカ人にはない、日本人のいい点をアピールするかのどちらかだと思います。

でも、アメリカ人にモテるタイプではない人が、そういったタイプの人になろうと努力しても、無理がありますよね。

しかも、そんな一生懸命努力をする日本人とわざわざお付き合いするアメリカ人もいないと思われます。

日本人のこう言ったところが好き。

というアメリカ人とのお付き合いをした方が、お互いにとっていいことだらけです。

ですから、日本人の良さをアピールする方法を考えて、そんな日本人が好きという人とお付き合いをした方が懸命です。

では、アメリカ人は日本人に対してどういった点がいいと感じているんでしょう?

男性と女性を分けて考えたいと思います。

アメリカ人女性から見る日本人男性のいいイメージ

アメリカ人女性が、日本人男性の「ここがいい!」と思っている点は、「まじめ」、「働き者」、「お金持ち」、「気遣いができる」などです。

アメリカ人は、日本人とくらべ、ワイルドで行動力があると思われています。

しかし、裏を返せば、自分勝手な行動が多く、女性に対して繊細な気遣いができないとも言えます。

「まじめさ」、「相手への細かい気遣い」この点をアピールしてみてはいかがでしょう。

アメリカ人男性から見る日本人女性のいいイメージ

アメリカ人男性が、日本人女性の「ここがいい!」と思っている点は、「おとなしく控え目」、「男性をたてる」、「料理上手」、「肌がきれい」、「黒髪がいい」などです。

実は日本人女性は、世界の各国からとても人気のある女性像なんです。

アメリカ人男性から見ても例外ではなく、「大和撫子」が理想と思っている男性はとても多いようです。

既にいい印象をもたれている日本人女性です。

無理に自分を変えることなく、そのままの自分で勝負してみてはいかがでしょう。

【日本人のアピールポイント】

男性 女性
まじめ おとなしく控え目
誠実 男性をたてる
働き者 料理上手
気遣いができる 黒髪

 

【まとめ】

アメリカ人との結婚を考えるときに、日本人と違いを知ることは重要なことと言えます。

他人の目を気にする日本人に対して、人目を気にせず自分の思ったことを行動に移すアメリカ人。

借金を嫌う日本人に対して、借金を全く気にしないアメリカ人。

また、一番重要な恋愛や結婚に対する考え方も、消極的な日本人に対して、とても積極的なアメリカ人といったように、様々な違いがあります。

こんな違いを知ったうえで、アメリカ人異性との恋愛や結婚を進めていくといいのではないでしょうか。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*